NumPyバージョン指定・確認方法

プログラミング

Pythonで様々な数値計算を行う場合にNumPyがよく使われます。そのNumPyのメジャーアップデートが迫っています。確実に旧バージョンのNumPyで動作させたいときのために、NumPyのインストール時のバージョン指定方法と、既存環境のバージョン確認方法を解説します。

NumPyのバージョン

NumPyの1.x系のバージョンは現在 1.26.4 です。このバージョンのリリース日は2024年2月5日です。従来のNumPyを想定して書かれたコードを実行する際はこちらを利用するのが無難です。

2024年5月時点で、2.x系は 2.0.0rc2 が利用可能です。最新版を利用したい場合はこちらになります。最新機能を使うことができパフォーマンスも向上することが見込まれますが、互換性には不安があります。開発環境と実行環境がともに2.x系である場合はこちらを使うのが良いと考えらえます。

インストール時のバージョン指定

PythonでNumPyをインストールする際に確実に1.x系にするためには、インストール時にバージョン番号を指定します。

pipを使う場合

pip install numpy=1.26.4

condaを使う場合

conda install numpy=1.26.4

バージョン確認

Pythonを実行して確認

以下のコードをPythonで実行することでNumPyのバージョンを確認できます。

import numpy as np
print(np.__version__)

‘1.26.4’といった形でバージョンがprintされます。

pipで確認

Pythonが実行できるコマンドラインでpip listを実行します。

> pip list
:
numpy                   1.26.4
:
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました